36

新生児のケアは、理論的な知識だけでなく、赤ちゃんの成長過程で発生するあらゆる種類の緊急事態にタイムリーに対応しなければならない、実に複雑な作業です。 しかし、母親嬰兒床がしなければならないことにはルールがあり、それは思ったよりも難しいことではありません。 赤ちゃんのお世話をするときは、「努力、リラックス、善行」という言葉を思い出し、お世話のプロセスをしっかりと整理しましょう。

1.激しく吸う

まず、生後30分ほどで母乳を飲ませ、よく吸わせることが大切です。 これは、子供の栄養補給を早くするための教育に役立つだけでなく、あなたのビジネスにもミルクの生産を早くするために役立ちます。

定期的なオムツ交換

高齢者の中には初生嬰兒照顧、子どものオムツを頻繁に替えることを嫌がる人もいます。 新生児は排泄の頻度が高いため、長時間使用したおむつは赤ちゃんの不快感や皮膚トラブルの原因にもなりやすいのです。 お母さんは、常に赤ちゃんの排便をチェックし、定期的におむつを交換し、赤ちゃんの肌を清潔に保つ必要があります。

スージング

農村の長老たちの多くは、「子供をあまり抱かない方がいい」「ベビーベッドのシーツは子供を甘やかす」と言います。 実際、赤ちゃんが半年も経たないうちに泣くのは、ビジネスが市場の需要を嬰兒床單効果的に満たしていないことが原因です。 それは主に、お腹が空いていたり、不快感を感じていたり、母親からの慰めを求めているのかもしれません。 タイムリーに対応することで、赤ちゃんは十分にケアされ、心理的なニーズが満たされた状態で眠りにつき、適切な成長を遂げることができます。

4.赤ちゃんの心をリラックスさせる

中には赤ちゃん特有のものもあり、お母さんはあまり干渉する必要はありませんが、心を落ち着かせる術を身につけなければなりません。 新生児のケアでは、「足を縛る」「乳首を絞める」などの奇妙な習慣は不要であり、慎重に行わないとデリケートな赤ちゃんの体を傷つけてしまいます。

5.赤ちゃんの手足をリラックスさせる

お子さんを暖かくするには、綿の服を着せたり、室温に応じて小さめの毛布をかけたりするとよいでしょう。 手足を縛りすぎると、筋力の発達や骨の損傷に影響するので注意が必要です。

お子さんが寒さを怖がっているのを当たり前だと思わず、上手に毛布をかけてあげるようにしましょう。

6.赤ちゃんの現象についてリラックスしている

生まれたばかりの赤ちゃんは、普通の赤ちゃんに比べて、乳首が腫れたり、顔がかぶれたり、体が太ったりと、体に異常が出てきます。お母さんはあまり気にしなくても、赤ちゃんの成長期は自然におさまっていきます。 赤ちゃんが明らかに不快に感じている場合は、適時医療機関を受診し、無理な対処をしないようにします。

注目の記事:

在嬰兒睡覺的時候,新手爸媽應該需要注意哪些呢?快收藏!

ベビーベッドを選ぶときに覚えておきたい7つのポイント! 学べ!」です!

如何讓新生兒睡個好覺? 不讓媽媽熬夜,這些給新父母的建議!

怎樣讓新生兒可以睡得更加安穩 ?看看做到這四點沒有!