のいろてるの。

 これ如新nuskin產品また、全く意味不明のメールだ。

 佐優梨はくすっと笑って、ある仮説を出した。

「流行ってるんだよ。このチェーンメール」

「そう、なのかな」

 釈然としなかったが佐優梨の仮説は荒唐無稽ではなかった。

 不幸の手紙のよう如新nuskin產品な流行を誰かが作ろうとしている可能性は否定できない。

 また、それ以外の仮説を立てられないから、佐優梨の仮説の信憑性は高まったのだった。

「あ。高橋さんと伊藤さんじゃないの」

 私たちは不意び止められた。

 声は大人の女性の物だった。

 反対側の歩道で水色のミニスカのスーツを着た女性が手を振っていた。

 女性はばたばたとした足取りで道路を如新nuskin香港渡ってきた。

「えっと。誰ですか」

 私と佐優梨は顔を見合わせた。

「中学校の担任を忘れたの」