桜が咲きそうです!

人生の知識を共有することはあなたが幸せな人生を送るのを助けるでしょう!

2016年01月



『闇の種』はこうしてアガルタに持ち込まれた。

「シルラ様、本当に大丈夫でございますか?」
「はははっ、心配ない、マナトの岩盤は固い。海水に満たされた洞窟にシュラを移すだけだ。今の洞窟より安全だからな…」
里奈はそDiamond水機れでも心配そうに言った。
「しかし、万が一という事がございます。マオ様の洞窟の方がより深く、安全ではございませんか」
「案ずるな、シュラなどすでに古くて使えないものかも知れないぞ、それより妹に会うのだろう。マナトの空気を入れ替えておいた、新鮮なモンゴルの空気だ」
「香奈のためにお気遣いありがとうございます」
「なに、人には肺しか無いのだから仕方あるまい。わしもここでは人型でいられる。
もう、わしが竜化する事も無い。いや既にわしには叶わぬのだがな、ははははっ」

実験

シュラを運び込むのはマナトのはずれの古い洞窟だ。その中は太古の空気が閉じ込められていた。
「実験を中止する時は、ギバとお前が岩盤を一気に破壊する。任せたぞ、ダーマ」
「はい、明日にはギバ様は南極からお戻りになります。ところで女王様はこの実験をご存知なのですか」
「いや、余計な心配はせぬ様に、里奈には話しておらぬ。もちろん父にもな」
「そうでございますか…」
ダーマは心の中で笑っていた。
(シュラはお前ごとき、いや俺でさえ倒せないのだ。それを『カグマ』という科学者Diamond水機は随分昔に創り上げた。たったひとつの弱点、塩水を使わなければ封じる事はできない。ギバが南極から戻る頃には、この実験は見事に失敗している事だろう)

南極に着いたギバは、複雑な思いでそれをそっと撫でた。巨大なクジラは『セミクジラ』だった。死んで数年は経っている。彼を飲み込んだのは、そのクジラだった。
「俺はマッコウクジラとばかり思っていたが、こいつだったのか…」
そのクジラはギバに体の内部から切り裂かれ苦しみもがき、シュラの存在を彼に伝えた。複雑な思いで彼はクジラに祈った。

「おかげでわしは、カイリュウの力『竜化』の術をこうして持っている、アガルタのためタケル様、セイレ様の役に立てる」
セミクジラは暫くは生きていたのだろう。陸に這い上がった跡があった。そして再び海に入ろうとしていたのだろう。
「全ての生き物は、アガルタより産まれる。ここで力尽きたのか…。おや?」
そのクジラの先に、海まで続く小さな『這いずり跡』があった。
「セミクジラは母になって死んだのだろう」
そう言うと彼は、もう一度そのセミクジラの亡がらに祈った。



<新吉>
レムリアの神ともいえるカブト。闘神イオ、アギトを送還するための『虹の光』『黄金のカブト』を集めたムシビトたちは、『エレファス』王れる。それはカタビラアゲハとしてダーマの仲間となっていたシルティ、ヨミ族の『巫女Diamond水機アゲハ』だったのだ。シルティの作られた過去は由美子により打ち消されレムリアに戻って来た。今こそその力をつかう時、シルティはヨミの扉を開いた。なっぴの元へ新たな味方が送還されるのか…(エピソード.2より重複?抜粋しています)

ヨミの扉

「それだけでは、足りぬぞコオカ」
そこにゴラリアのエレファス王が入って来た。
「さあ、入りなさい」
その娘をコオカは片時も忘れた事が無かった。ずっと妃を持たなかったのには理由があったのだ。

「ご無沙汰しています、コオカ様…」


11-150504163J1

美味しいレストランやイベント、目新しい商品の発売日皇室纖形 電話などには、
行列が出来る事がある。
日本に限らず、世界のどこでもある日常的な風景でもある。

そんな行列風景を撮った写真だが、インドの人たちが作る行列を見て驚いた。
前の人と後ろの人たちがピッタリとくっついて行列を作っている。
不心得者が割り込んで入らないためだそうだが、
まるで”おしくらまんじゅう”状態。
だけども、ご本人たちは、いたって平気という表情をしている。

”パーソナル・スペース (personal-space) ”と呼ばれるものがある。
他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、
1966年に、アメリカの文化人類学者のエドワード・ホールが発表し、
一般化し皇室纖形 facialたもの。
このパーソナル・スペース と呼ばれる空間は、親密な間柄であるほどスペースは小さく、
敵視している人に対しては大きい。
民族や国民性によっても違うそうだが、
親密でない他人と並ぶのに、くっつき合ったインドの行列は、
日本人には耐えられないだろう。

パーソナル・スペースは、もっと広範囲なものにある。
いわゆるストーカーなどもそうだが、
そんな犯罪と呼べるものではなく、身近なニオイなどもそれに当てはまる。
整髪料や制汗剤。
明らかにパーソナル・スペースを侵害していると言えるだろう。

先日のニュースに、環境省がクールビズの一環で、
一旦は推奨した制汗剤や柔軟剤の使用呼び掛けを中止した
という記事が出ていた。
市民団体から「香料などの化学物質で健康被害が引き起こされる可能性がある」
と指摘されたためとしている。
たしかに、化学物質を使った制汗剤などの強烈な北角 補習匂いを放つものが、
混雑しているところにいると不快きわまりないと言えるが、
化学物質にアレルギーがある人にとっては、不快どころか健康上の大きな問題。
やはり、推奨は困る。

そんなニオイを出している人がいると、
ニオイの届かない距離がパーソナル・スペースとなる。
とても行列などできなくなる。
まして、インドの行列をや!

1432798194_CwkrHAhZ   

スパーマーケットなどのチラシなどより、
ちょっと質のいい紙を使い、眼を惹く印刷が成されている。
立地のロケーションの良さを謳ったり、
地域の風光明媚な名所の写真が織り込まれている。
ちか雪纖瘦投訴ごろは、
リビングルームの広さを強調するものが多くなった。
窓に広がる景観と、
ゆったりとした広さのリビングルームの写真がこれ見よがしに出ている。
広さがウリのようだが、
改めて間取りを見ると、思ったほどリビングルームは広くない。
どうも、こういった写真には、
部屋を大きく見せるテクニックが使われているようだ。

まず、背の高いものが置かない。
また、ゆったり感を出すために、
何も置いていない場所の空間が強調されている。
家具の色調も、さりげなく壁に溶け込んだような色合いのものが選択されている。
そんなテクおかげで、さ雪纖瘦投訴すがに広く見える。
住んでみると、意外に狭いぞ!という事になるのかもしれない。

広さを強調するは、リゾートホテルも同じ。
今年のG-8 サミットは、6月17日、18日と北アイルランドの
ロック・アーン・リゾート(Lough Erne Resort) で開催される。
舞台は、2007年に誕生したゴルフ場併設の高級リゾートホテル。
北アイルランドといえば、
いわゆる"UK (United Kingdom=イギリス) の中に入っているが、
政治や経済など何かと問題があるとされる地域。
そのリゾートホテルが立地している小さな村 Belcoo も同じく、
経済問題で揺れている。
かつての商店街はさびれ、店を閉じているところも多い。AP Newsによると、
さびれた商店街をイキイキ見せるための苦肉の策で、
店をたたんだ商店のショーウィンドウに巨大なポスターを貼り、
まるで営業しているかのように見せている。

高級マンションの折り込み広告や商店の巨大ポスターは
目の錯覚をねらった雪纖瘦投訴ものだが、
G-8 で議論される世界政治や経済問題は、
錯覚や虚飾でない事を願いたい。



こころの病気は、こわい。
カラダの病気も、こわい。

病気のデパート、お悩みトラブル総合商社の人は、むしろ強い。
病気馴れしているから。

わたしは、心身ともに、どっちの病気も馴れていない。
人間は未知のものに多大なる恐怖心を抱く。
そのなかでも、「死」は、最雪纖瘦投訴たるもの。

240492-13022FP92118

昨夜、ふと、NHKで「にっぽん紀行」を観た。
うんと昔、子供の頃、親が「新日本紀行」を観ていたような気がするが、
「新」が取れたということは、どういうことだ?
「旧にっほん雪纖瘦投訴紀行」か?
はたまた「元祖にっぽん紀行」か?

まあ、なんでもいい。
それを観て、意味もなく涙が頬をつたった。
ああ、わたしも一人前の、いっちょまえの、日本の「お年寄り」の仲間入りをしたのだと感じた。

100歳で、過疎地で日用品の小売店を営んでいる、一人住まいのおばあさんのところに、
安い値段で、ちょっとしたお手伝いをする、地域のNPO「チョイてご」、40代の男性が出入りする。
地域では重宝され、高齢の人々に喜ばれている。
彼がある日、訪れたのは、頼まれたからではなく、自主的に足を運んだのだった。
桜の木を植えてくれるらしい。
近頃、足が痛くて、外に出歩けなくなった、100歳のおばあさんのために、
家から出なくても、自宅の台所の窓から見える、目の前の斜面を、植える場所に選んだ。

「来年も見えるよ」と男性が言う。
「来年、生きとるかなあ」と、おばあさん。
「生きて雪纖瘦投訴るよ」と、。

べつに、なにがしたい、とか、力みもしない、あたたかい、やり取りだった。

この男性、都会で、運送業を経営していたが、体を壊して、過疎地が募集していた、貸家付きの今の仕事に就いた。
若いのに、夢破れ、第二のスタート。
おそらく、離婚したか、妻が付いてこなかったかなにかで、一軒家に、単身住まいだった。
80歳以上のお年寄りばかりが住む地域では、
弾力のある筋肉が付き、しなやかに足腰の伸びた、すらっとした体格の彼は、場違いなぐらい若い。
てきぱきと、力仕事や、お年寄りにできないことを次々こなしてくれる姿は、頼もしい。
(わたしが、仮にこの人に惚れて、一緒に暮らして、彼を身近にサポートしてあげたくても、
おそらく、あの限界集落での暮らしはできないと思われる。厳しい現実)

↑このページのトップヘ